小池博史オンライン講座・舞台と演出の根源を探る

小池博史オンライン講座《舞台と演出の根源を探る》
小池博史初の演出講座です。

著書「新・舞台芸術論」を元に、
舞台とはなにか?&舞台作品の作り方についてオンラインにて語ります。
また、質疑応答が可能で、インタラクティブに演出と舞台について学ぶための講座。
ZOOMを使用しての開催のため遠方に住む方も参加可能!

演出に興味がある方、ダンサー、役者、歌手などの表現者はもちろん、舞台が好き、小池博史の作品が好き、どう作品が作られているか興味がある方に向けての講座になります。
小池博史の表現方法を知ることのできるはじめてのオンライン講座です。

開催日時
6月26日(金)
7月3日(金)
7月10日(金)
7月17日(金)
7月24日(金)

19:30〜21:30
zoomでの開催

参加費
10,000円(税込・全5回) 
別途、本代2,750円(税込)が必要

第1回目 第一章、第二章《舞台芸術とはなにか、舞台作品を演出する》
第2回目 第三章《空間について》
第3回目 第四章《時間について》
第4回目 第五章《身体について》
第5回目 第六章〜第七章《物語喪失時代にあっての物語とは〜百年の孤独に至るまでの経緯、新しい舞台芸術への提言》

上記のように本の章をベースに授業を展開しますが、本から離れての展開もあります。

必須
書籍「新・舞台芸術論」2,750円(税込)(水声社刊)
事前にご購入ください。また初の講座の前までに読んでおいてください。全編でなくても、第一回目ならば第一章と第二章は読み終えてください。
すでにお持ちの方はご購入の必要はございません。

備考欄に、職業、舞台経験の有無、本講座を申し込んだ理由をご記入ください。

お申し込み締め切り
6月24日(木)

小池博史プロフィール
小池博史(演出家・作家・振付家)
「小池博史ブリッジプロジェクト」主宰。舞台芸術の学校(P.A.I.)校長。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授。 1982年「パパ・タラフマラ」設立。演劇、舞踊、美術、音楽、建築等、ジャンルを横断しながら空間を築き上げる手法で、国際的に高い評価を確立。3.11を受けて、翌2012年5月にパパ・タラフマラ解散。すぐに「小池博史ブリッジプロジェクト」を立ち上げ、作品を創作しながら、若手表現者の育成と芸術文化事業を手掛けるなど、活動は多岐に渡る。現在まで約80作品を10か国で創作、40か国で公演。「新・舞台芸術論」、「からだのこえをきく」(新潮社)、「夜と言葉と世界の果てへの旅」(水声社)等4冊を出版。

小池博史ブリッジプロジェクトホームページ
https://kikh.com


お問い合わせ
sai@kikh.com
〒165-0026東京都中野区新井1-1-5 1F 小池博史ブリッジプロジェクト
TEL:03-3385-2066 

小池博史オンライン講座・舞台と演出の根源を探る

¥ 10,000 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 配送なし

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 0JPY
Report

Reviews of this shop

  • 僕の青空 映像配信券2020年7月23日20:00〜7月26日20:00まで

    僕の青空 映像配信券2020年7月23日20:00〜7月26日20:00まで